ハイドロキノンとトレチノインの効果の違いとは

トレチノインとハイドロキノンはシミの改善効果を持っていますが、それぞれ適している症状の違いがある上、効果が高すぎるため、医師の指示で使用するほうが安全です。
用法用量を誤ると、色素沈着や肌トラブルの原因になってしまいます。

トレチノインは強力なビタミンA誘導体の一種で、皮膚のターンオーバーを促進することで皮膚内部からシミを排出させる働きがあります。
皮膚は、角質層の下に表皮、そして真皮があり、皮膚の深層にできたシミは有効成分が届きにくいため、シミを無くすことは難しいと言われていました。
しかしトレチノインは、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを促進することで古くなった細胞を排出させてシミを無くします。
トレチノインは、ターンオーバーだけではなく、肌全体を早く生まれ変わらせることでコラーゲンやヒアルロン酸などの美白成分の働きを高めるため、シワの改善や肌のハリやキメを整えると言った美肌効果をもたらします。
これらの働きは、ビタミンA誘導体の約100倍もあると言われています。

ハイドロキノンは肌を還元させる作用があるため、肌の漂白剤とも言われます。
ハイドロキノンはシミをつくりだすメラノサイトに働きかけてシミをつくる酵素を抑制してメラニンの産生を抑制を防ぐことでシミができるのを防いだり、できてしまったシミを白くするという作用があります。

ハイドロキノンとトレチノインがシミ治療に併用されるのは、どちらか単体では作用の違いがあり、十分な美白効果が得られないためです。
トレチノインだけでは炎症や色素沈着を起こす可能性があり、ハイドロキノンだけでは、肌内部にまで浸透しません。
2つを併用することで浸透力が高まり、今あるシミを無くしながら、これからできるシミを予防することで、高い美白効果を得ることができるのです。
トレチノインとハイドロキノンの違いを知ることで、効率よく美白肌を手に入れることが可能です。