妊婦のハイドロキノン使用を禁止している理由

ハイドロキノンには高い美白効果があります。
これは、ハイドロキノンの持つ強い還元力のおかげなのですが、使用の方法を適切に行わなければ、人体にとって悪い影響を与えてしまう懸念があります。
肌のくすみやシミは皮膚に色素が沈着することで起こる現象ですが、これはメラニン色素が酸化され着色すると目に見え目立つようになるのです。
ハイドロキノンはこのように酸化されてしまったメラニン色素を還元し元の状態にもどす役割をしています。
この還元作用は、メラニン色素にだけに作用するわけではありません。
全ての細胞になんらかの化学的な影響を与えてしまいます。
適切な量で使用されている場合には、余り問題にはなりませんが、細胞に対して変異原性がある事が確認されています。
このような理由で、妊婦に対しては胎児への影響を排除できない事から使用が禁止されています。
妊婦の場合、妊娠中の胎児は活発に細胞分裂を繰り返し、増殖することで成長していきます。
そのように活発な細胞分裂が行われている状態では、変異原性がある物質の影響は大きいのです。
妊婦の場合にはけい皮吸収されたハイドロキノンが胎児へと運ばれてしまう可能性が否定できないので、使用が禁止されています。

更に、妊娠中はホルモンバランスが通常の状態と異なるため、肌の状態が大きく変化します。
通常であれば影響が出ないケースでも妊娠中はいつもとは違う影響を肌に与えてしまう可能性があります。
このような理由からもハイドロキノンの使用は禁止されます。

妊娠が分かった場合には、速やかに医師に理由をつげ、胎児にとって安全と思われる薬を処方してもらう必要があります。
くれぐれも、自己判断だけで使用する事は控えましょう。